開催情報

【東京開催&オンライン】アフターコロナ時代の「ものづくり」を考える ~強い「ものづくり」を活かして、日本らしい社会価値を創造する ~

開催情報
オープンイノベーション
2020年11月28日 10:00 開催
【東京開催&オンライン】アフターコロナ時代の「ものづくり」を考える ~強い「ものづくり」を活かして、日本らしい社会価値を創造する ~

開催地: オンライン, 東京

講師/進行: 藤本 隆宏 氏/服部 恵祐 氏

テーマ: アフターコロナ時代の「ものづくり」を考える

過去の事例はこちら
20200410112351-c5ef4361aacaa463b78dd36de9044eec156d58f5.jpg

※「オンライン参加(パソコンやスマートフォンで参加できるZoom利用)」可能です。

ねらい

今、世界が「変化」を迎えています。
これまで日本企業を成功に導いてきた「常識」や「価値観」が、通用しなくなる世の中になろうとしています。
企業が取り組まれている、働き方「改革(変革)」もその1つです。

日本企業の強みである「改善」の取り組みは、確かに重要です。
しかし、今後、私たちに必要とされているのは「変革」です。
「変革」とは、変化に対し、これまでの考え方の延長線上で適応することではなく、これまでの常識を問い直し、新しい意味を創造することです。

今、労働組合には、企業の存続発展、組合員の雇用維持・確保のために、現場で働く一人ひとりの変革を促し、企業や社会に新しい時代へ向けた変化を起こす行動が求められています。
社会のIT化やグローバル化に伴い、多様な人材や働き方が必要な時代に背景にある中、異業種交流会を通じての能力開発が、注目されています。

今回は、日本のものづくり研究の第一人者である藤本隆宏氏(東京大学大学院 経済学研究科 教授/東京大学ものづくり経営研究センター長)をお招きできる運びとなりました。
1000回以上の日本の「ものづくり」現場訪問から見えている日本の「ものづくり」の強さをご説明いただきます。また、現場に足も運ぶこともせず、二次情報を編集したような根拠なき「ものづくり」衰退論にも科学的に反論していただきます。
日本の「ものづくり」の強さを再認識し、それを土台にした日本らしい社会価値創造のイノベーションワークも参加者と試みます。

j.unionでは、異業種の組合員同士の対話を通じて、人を育てる体験型学習を提供します。
組合員の「つながり」を外の環境へも広げ、新たな価値共有することで自身の働き方や生き方へ変革を与え、自己成長を促します。

 

★セミナーでこのような内容をお伝えします!
1)日本企業の「ものづくり」「製造現場」は未だに健在であることを数字で正しく把握して、現実を見つめよう
2)根拠の怪しい「ものづくり悲観論」に流されるのではなく、強みに着目しよう。
3)「ものづくりの未来(問われているのは「ものづくり」そのものではなく、それを活かす「付加価値づくり(社会的意味づけ)」について考えよう

 

こんなあなたにオススメです!
✔ これまでとは違った切り口で組織づくりや、人材育成を考えていきたい
✔ イノベーションとか言われるけど、何をインプットしたらいいかわからない
✔ 働き方・風土改革の取り組みにおいて、何か変化を起こしたい。その考え方や、ヒントが欲しい
✔ 「業務改善」や「業務改革」は既に取り組んでいる(やり切っている)ので、
新しい思考方法や行動様式(業務革新・業務革命)を模索したい
✔ 組合活動に新たな視点での活動を取り入れていきたい

 

参加資格

労働組合の組合員・組合役員

開催日時

2020年11月28日(土)10:00~18:00

 (受付/オンライン入室 9:30~)

内容

アフターコロナ時代の「ものづくり」を考える
~強い「ものづくり」を活かして、日本らしい社会価値を創造する ~

 

 

10:00~12:30 第1部 講演

基調講演 『日本のものづくり現場は衰退していない 』(学び)
内容(予定): ※講演時期による社会情勢を鑑みて、講演内容を調整いたします。
・今なお健在な日本企業の「ものづくり」と強い「製造現場」
・アメリカ・ヨーロッパ・中国とは違う日本のものづくりの強さとは
・根拠なき「ものづくり」悲観論に踊らされるな

 

13:30~18:00 第2部 ものづくりの「新しい活用法」

「ものづくりの現場から考える、私たちの仕事の価値創造」(対話)
ワーク1:講演を受けて、日本の「ものづくり」の強み(世界に提供できる価値)とは何か
ワーク2:世の中にある社会課題は何か/課題発見ワーク
ワーク3:その社会課題を解決する為にそれぞれの自社の強み(できれば「ものづくり」面)を整理し、それをリンクして、社会課題商品・サービスを創発しよう。(「ものづくり」そのもの、「ものつながり=IoT」・「コトづくり」などの付加価値づくり)
~参加者軽食交流会~

※プログラム内容は一部変更となる可能性もございます。

講師

藤本 隆宏 氏
(東京大学大学院 経済学研究科 教授/東京大学ものづくり経営研究センター長)

東京大学 東京大学大学院経済学研究科教授、東京大学ものづくり経営研究センター長。技術管理論および生産管理論、専攻。D.B.A 経営学博士(ハーバード大学)。1,000回以上通った現場から見えてきた「広義のものづくり」の本質を研究。著書に、『日本のもの造り哲学』、『能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか』など多数。

金額

15,000円(税別/人) 早割:9月末までにお申込み 12,000円(税別/人)

会場

【浜松町】フクラシア浜松町

〒105-0013 東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6F 会議室A

備考

・組織ごとのお申し込みをお願いします。
・1組織様、現地会場参加10名程度/オンライン参加20名程度となります。それぞれの定員を超える場合は、ご相談ください。
・下記フォームお申し込みください。開催1か月前に開催のご案内をメールで送付いたします。
(弊社ホームページ/からもお申し込み可能)
・定員になりましたらお申込みをお断りすることがございます。
・お申込後のキャンセルはお受けできかねますので、ご了承ください。
・録音機器の持ち込みによる録音はご遠慮ください。
・個人情報につきましては、弊社「個人情報保護方針」に基づき、保護・管理に努めます。
・やむを得ない事情により開催できない場合がございます。その際は事前にご連絡いたします。
※参加される方へは、当日の参加方法を別途ご案内いたします。

定員 (先着順)

現地会場参加:100名(1組織 最大10名程度)
オンライン参加:200名(1組織 最大30名程度)

※新型コロナ感染防止対策として、三密を避けるために現地会場参加者定員を会場の最大定員の半部以下に設定しております。
※現地会場参加、オンライン参加合計1組織 最大30名程度お申込みいただけます。

お問い合わせ

Link-Uプロジェクトチーム (担当:正道寺・野村)
TEL:03-5339-8226

 


労働組合限定/
異業種交流会
学びと対話で人と未来をつくる「Link-U」

人生100年時代を生き抜く労働組合の人材育成支援

人生100年時代が訪れたとき、これまでの平均寿命を前提に考えられてきた生き方を見直さなければならなりません。引退後に余生を楽しむという従来の人生モデルが終焉を迎え、「教育」「仕事」「余生」という3つのステージから、より多くのステージを経験するマルチステージの人生になると考えられています。

これまで以上に長くなる職場や地域との関わりのなかで、自分らしく生きるためには、多様なキャリアを描いていく「革新」が一人ひとりに求められるようになりました。
答えの見えない「新しい働き方」「多様な働き方」を求められている状況から、4,200を超える組合チャネルを最大限に活用した「異業種交流」を通じて、100年時代を生き抜く創発と育成支援を行います。

▼詳細はこちらから
https://igyousyu.j-union.com/about/